ファイナンシャルプランナーに相談しよう

生命保険の事は自分で決めずにファイナンシャルプランナーに相談しよう

ファイナンシャルプランナーというのは、家庭や個人の生活の充実を最優先して、その顧客の住居・教育・老後の生活などのいろいろなライフプランニングをしてくれる国家資格のある職業です。
そのため、生活していく上で加入しておきたい生命保険をファイナンシャルプランナーに相談するということはとても重要なことと言えます。

 

実際、生命保険に加入する際には、今の収入の中で支払っていける金額で、なおかつ万が一のことが発生した時にも、残された人達が苦労することのないように保険金の金額も設定しなければならないのです。
当然自分でもできるという人もいますが、生命保険に関してもファイナンシャルプランナーの方がはるかに知識はありますし、もし保険外交員などにすすめられるがままに保険契約をおこなうと、必要のない金額まで支払う事になってしまったり、逆に必要な時に必要な金額が貰えないという事にもなりかねないのです。

 

保険外交員も仕事として行っていますので、できるだけ高い保険に入ってもらいたいというのが本音ですので、人によっては、これだけの保険料の受け取りは必要です、などと言って月々の支払いを必要以上のものに契約をしたりする人も実際にいるのです。
また、保険の見直しなどといって、もっと安くなります、といって必要な金額を受け取れない新規の契約を取ったりもするようです。

 

その点ファイナンシャルプランナーというのは、そういった保険料などで収入を得るノルマを達成するというものではなく、依頼された顧客のためになるいい生活設計をして、その顧客から報酬を頂くという仕事ですので、安心して任せることもできるのです。