通販保険のメリット・デメリット

通販保険のメリット・デメリット

近年、特に外資系の生命保険会社を中心に生命保険の通販保険というのが増えてきています。
通販保険というのは、一般的にダイレクト型生命保険とも呼ばれています。

 

通販保険というのは、その名の通り、通信販売の方式で簡単に生命保険に加入できるというのものです。
今までの国内の生命保険会社の場合は、保険外交員、セールスレディーなどと言って、顧客の元へ突然セールスに行ったりするのが多かったのです。

 

それの場合ですと、しつこい勧誘が苦手な人や、うまく断れない人などとってとても嫌なものなのです。
一方、通販保険の場合は、そういったセールスレディーなどに一度も直接会う事が無く、インターネットや電話などで契約することが出来るのです。

 

また、保険会社側でも、多くのセールスレディー抱えることもなく、テレビや新聞折り込みなどでセールスするだけですので、コストもかからないのです。
そのため、相乗効果として、保険料も安く設定することが出来るのです。

 

もちろんそういったメリットがある半面、従来の保険外交員やセールスレディーなどのように、直接会って話をするわけではないので、本当に細かいところまで自分の生活スタイルのことを理解して保険を作成してくれるという面では劣る可能性もあります。
ですので、通信保険で生命保険に加入するには、しっかりと自分自身で保険の内容についてしっかり勉強しておくことが必要になります。