ラガレシアによる保険の指南サイト

生命保険と老後

誰もが自分の老後は、お金に困りたくないと思っている人も多いとおもいます。生命保険に加入している人は老後をどのように考えているのでしょうか。定年退職した後は、もちろん収入が減りますし、年金だけで生活をしていく必要が出てくる場合もあると思います。退職をしてから老後の生活に突発で、大金が必要になるようなことがないように、気をつけなければいけません。

 

老後のライフスタイルと言うのは、子どもも独立している場合が多く、家族を養うためのお金の必要性は、30代40代のころに比べると格段に低くなっているので、死亡保障はさほど必要がないと言ってもいいと思います。老後の生命保険として大切なのは、死亡保障よりも入院やけが、手術などの医療費の保障になるでしょう。死亡保障は、全くなくてもいいというわけではなくて、考え方によっては介護にかかる費用や、お葬式代くらいが出せればいいと思います。それよりも大きな病気で入院したり、けがで入院してしまった場合に高額な治療費が必要な場合にどうするのかと言うことを考えていかなくてはいけません。

 

老後は30代40代のように死亡保障が高額についている生命保険ではなく、それよりも医療保険に重点をおいてかけることをお勧めします。しかし年齢によっては、老後から加入できる保険がない場合もありますから、できるだけ早めに老後の保険についてどうするのか、検討しておいた方がいいでしょう。医療保険は、生命保険会社だけでなく損害保険会社でも販売されていますので一度問い合わせてみましょう。