ラガレシアによる保険の指南サイト

生命保険の転換

生命保険の転換とは、今まで加入していた生命保険を下取りしてもらって、新しい生命保険に入るということをいいます。新しい保険料は転換するときの自分の年齢と予定利率などで計算をします。そして下取りの価格の分は割り引かれる設定になっています。しかし、最初に契約していた時よりも年齢があがっていることや、予定利率が現在はかなり低いことから、今は転換することのメリットはあまりないと言えるでしょう。
ですから他社に転換するのではなく、現在加入している生命保険会社内で転換するという形になります。

 

生命保険の転換の種類は大きく三つあります。一つ目は下取りした生命保険を新しく契約する終身保険の中にだけ入れるという基本転換、二つ目は終身保険と定期保険特約に入れる比例転換、そして的保険特約の中にだけ入れるという特定転換と言う種類があります。基本転換の場合には、他と比較してみると、保険料そのものは高くついてしまうのですが、解約返戻金だけを見てみるとかなり大きな額になります。

 

比例転換の場合は、特定転換と比較してみると解約返戻金は増えますし、基本転換よりも格安の保険料になりますが、定期保険特約の更新をするときに、一番保険料が高くついてしまうという特徴があります。
それぞれの生命保険の転換の種類、方法によって特徴が違っていますので、それぞれの特徴を十分理解した上で、転換するかどうかを考えましょう。