ラガレシアによる保険の指南サイト

生命保険と相続

生命保険の保険金を受け取る場合は相続税を支払う必要があります。相続税の対象は、お金、有価証券、土地や建物などがありますが、生命保険の死亡保険金もその一つです。生命保険の死亡保険金を受け取った場合には、贈与税と、相続税、そして所得税のどれかを支払わなくてはいけないことになっています。誰がどれを支払わなければいけないのかは、それは誰が保険料を支払っていて、誰が保険金を受け取ったのかによって変わってきます。

 

生命保険で相続税を支払わなければならないのは、死亡保険金を受け取ったケースになります。契約者、被保険者がともに夫で、受取人が相続人であった場合には、相続税がかかってきます。また同じケースで受取人が相続人以外の場合にも相続税がかかってきます。

 

生命保険の相続税の課税がある場合、相続税の納付期限があります。それは申告期限までに一括納付しなければいけません。もしも期限までに一括で支払うお金がない場合には、例外措置が取られます。

 

保険金を受け取るのが一人ではないという場合には、それぞれに相続税がかかってきます。連帯納付義務というのが定められているので、相続する人は自分が受け取る金額に課せられた相続税を支払わなければいけません。というわけで相続税の納付は、保険金を受け取った人全員が支払う義務があるということが法律で決められているのです。