ラガレシアによる保険の指南サイト

生命保険と税金 

生命保険に入っている場合に、被保険者がもしもなくなったという場合には、保険金を遺産として、残された家族に入ってきます。

 

しかし、忘れがちですが生命保険で受け取ることができた保険金には税金がかかります。そして保険料を実際に支払った人や、保険金を受け取る人、被保険者の誰が税金を払うのかによっても、いろいろと違ってきます。

 

保険金は現金での受取が可能ですから、税金の種類としては、所得税や相続税、贈与税といった税金が課せられることになります。この場合に保険料を負担していた人と、保険金を受け取る人が同じの場合には、所得税がかかってきます。また、保険金を一度に受け取るのか、分割で受け取るのかという受け取り方で一時所得なのか、雑所得という形なのか分けられます。

 

全額保険金を受け取る人は一時所得扱いになり、保険料と特別控除額の50万円を引いた額に、税金がかかってきます。

 

保険金を年金でもらう場合は雑所得扱いになりますが、1年間に受け取った金額の保険料を引いた金額が所得税として、源泉徴収で差し引かれることになります。

 

亡くなった人と保険料を負担している人が同じ場合には、受取人が相続税を支払うことになります。

 

保険料を負担していた人と、被保険者、保険金受取人がすべて違うという場合には、贈与税が課せられます。

 

贈与税を計算する方法は、年間に贈与として受け取った財産を合計し、基礎控除額の110万円を引いた額に税率をかけることで算出可能です。